急にお金が必要になったとき、貴方ならどうしますか?

預金があれば問題ありませんが、預金が無く期日も明日までの時、頼れるのは友人や身内になります。

しかし、お金を貸してほしいと言うことは正直言いにくい話です。

1万円や2万円程度なら気にする必要はありませんが、10万円~20万円ぐらいになると金額も大きくなるので言いにくいですし、友人や身内もなぜそんなにお金が必要なのか?どのような使途なので必ず聞かれるでしょう。

本当の事を言って借りるのが普通なのですが、そこは人間です。きっと言いにくい事情もあるはずです。

もし嘘をついてお金を借りてしまった場合、借りた友人や身内に対しての背徳感が残ってしまいます。

そんな時に一番便利なのがカードローンなのです。

カードローンは身分証明書だけあれば最短即日でお金を借りることができます。

中には申込から自分の銀行口座への振込融資が最短1時間のカードローンもあるのです。

急にお金が必要になった時に役立つおすすめカードローンを、貸金業務取扱主任者が監修し紹介していくサイトになります。

すべてのカードローンが即日融資に対応している訳ではありません!

意外に知られていないのが、全てのカードローンが即日融資に対応していないということです。

カードローンと聞くと、申込した当日に借りれるイメージがありますが、それは9割以上消費者金融のイメージから来ています。

事実、今のカードローンで申込当日に借りれる即日融資に対応しているのは消費者金融のカードローンだけなのです。

カードローンと言っても、いろいろな種類があります。

・消費者金融会社のカードローン
・銀行カードローン
・信用金庫カードローン
・JAバンクのカードローン
・ろうきんのカードローン
・クレジット会社のカードローン

これだけ多くの会社がカードローンを出しており、種類はかなりあります。

しかし、この中で即日融資ができるのは、消費者金融だけなのです。

なぜ消費者金融カードローンしか即日融資ができないのか?

なぜ消費者金融しか即日融資ができないのか?疑問に思う人もいるかもしれません。

それは申込当日に即日融資まで完了するのは、非常に高いノウハウが必要になるのです。

プロミスアコムなど消費者金融のCMを見ると、当たり前のように即日融資ができるように感じますが、申込から審査、審査後に在籍確認、契約内容説明、契約完了、振込先確認、振込融資までの一連の流れを当日に行うことは、それなりのシステムが必要です。

もともと昔から即日融資ができるのは、消費者金融の専売特許でした。

まず、審査時間が最短30分で出る金融業者はいません。

今の銀行カードローンは、消費者金融を子会社やグループ会社にしたことで、そのノウハウを吸収し、個人向け融資ができるようになりました。

特に三菱UFJ銀行カードローンバンクイックや、三井住友銀行カードローンは2017年まではローン契約機を利用すれば、申込からカード発行まで最短40分程度で即日融資ができていたのです。

これはアコムやプロミスを傘下に持ったことでそのノウハウを手に入れた部分が大きいとされています。

しかしながら、2018年より銀行カードローンは、反社会的勢力への融資を謝絶するために、申込者を警察庁のデータベースに照会しなければならなくなりました。

警察庁のデータベースの回答が翌日以降となるため、銀行カードローンは即日融資ができなくなったのです。

お金借りたい人にとって、即日融資ができるかどうかは非常に重要な選択肢になります。

消費者金融会社が過払い問題で市場を小さくする中、銀行カードローンは一気に残高を伸ばしてきましたが、ここにきてもう一度消費者金融の需要度が高まってきています。

その理由はやはり即日融資ができるからなのです。

投稿日:

Copyright© お金借りるならどこ?即日で借りれるおすすめをプロが解説! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.